• specialist齊藤 敏彦 経歴

     

    「こんな楽しいことがあるのか」を天職に“美しく住まう”をデザインする

    アパレルデザイン科出身という経歴を持つインテリアデザイナーの齊藤氏。入社した大手百貨店では店舗開発や商品企画を手がけ、旬のデザインに接する環境にいた。1995年にリノベーションを前提に中古マンションを購入。理想の住まいを求めてインテリアデザイナーと打ち合わせを重ねるうちに「こんなに楽しいことがあるのか」とインテリアデザインに開眼。1998年に現在の事務所を設立した。

    これまでデザイン畑を歩いてきた齊藤氏は、「美しく住まう」「快適に住まう」ためのリフォームを追求している。デザイン性が高い造作家具やオリジナルキッチンは、“使う人”や“モノ”に合わせて機能性を充実。自然素材を使用したインテリア空間は、そこにいるだけで心地よい気持ちになれる。

    施工後に暮らし始めた施主から手紙が届くという。「部屋がスッキリ片付いて、リビングでくつろぐ時間が長くなった」「キッチンが使いやすくなって、料理が楽しくなった」「人を招きたい家になった」と。「自分が手がけた住まいで、お客様のライフスタイルが変わることが一番嬉しい」と語る齊藤氏。デザインの力で暮らしを変える、それが齊藤氏の考える理想のかたちだ。

     

    事例1:LDKは、漆喰の壁にオークの造作家具など、トータルでコーディネートされたやわらかく美しい空間に。オーク挽板のフローリングは浮造りを施し、愛犬が滑らないよう配慮。家族の一員として、タイル敷きのWANコーナーを設けた。

    構造柱もむだなく機能を持たせたデザインに

    南向きで明るい日差しが差し込むK邸のLDK。閉塞感があったキッチンを「家族が見渡せるキッチン」に変更。間仕切り壁をすべて撤去してみると、キッチン移設位置に軽量鉄骨の柱が2本現れた。この柱は構造上取り外せないため、デザインの一部として取り込むプランを提案。2本の柱の間に飾り棚を渡し、手元灯としてLED照明を埋め込んだ。キッチンキャビネット、人工大理石のカウンターはパーツに分けて製作し、現場で組立てた。オークの木目が美しい、スッキリと機能的なキッチンが完成。これには奥様も大喜びで、デザインを楽しむ齊藤氏ならではのアイデアが光った。

     

    物件 DATA

    場所/神奈川県横浜市 家族構成/夫婦(30代)、キャバリア犬(7歳)   建物/築14年 軽量鉄骨造2階建て     施工面積/104.7㎡

     

     

    スタイル イズ スティル リビング

    Nameスタイル イズ スティル リビング
    TEL03-5778-8802
    Open10:00〜19:00
    Close 日祝
    Home Pagewww.styliv.com
    Address 東京都渋谷区広尾2-10-15
    Area 東京、神奈川、千葉、埼玉、軽井沢、蓼科および 八ヶ岳周辺
    施工割合マンション85%/戸建15%
    予算規模500万円〜
    Notes reform & renovation.comでの紹介ページ
    reform & renovation.comでの紹介ページ(施工実例)

     

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    コメントを残す