• 間渕建設間渕建設の実例

     

    洗練された空間で来客をおもてなし憧れのホテルライクな住まい

    施主のわがまま

     

    事務所だった建物を、既存のものをできるだけ活かしながら、洗練されたホテルのようなシックな住まいに。あまり生活感の出ない内装を希望。玄関とLDの床には大理石を使いたい。

    実現への課題

     

    水まわりなどの新設やつくりの変更、あわせて構造上の補強も必要だった。ホテルのような空間づくりとコスト削減の両立を叶えるために、既存のものの活用がプランの鍵に。

    物件DATA

     

    場所/東京都   家族構成/夫婦、子供2人    建物/築20年 中古一戸建て    リフォーム規模/大規模リフォーム    施工面積/255㎡     費用/1300万円

     

    壁のラインと大理石が演出するシックな空間が完成

    もともと事務所として使われていた3階建ての戸建て物件を、駅近の立地のよさと広さが気に入り、リフォームを前提に購入。希望したのは、仕事関係の来客が多いため、事務所スペースを設けること。そして、「いつでも人を招けるよう、居室も生活感をなくし、すっきりとしたホテルのような空間にしたい」ということだった。

    ワンフロア=ワンルームのだだっ広いつくりだった事務所を“生活するための家”に変えるためには、間取りを見直し、キッチンやバスルーム、個室などをつくる必要があった。その分、できるだけ既存のものが活かせるところは活かしたいと要望。ご主人好みのダークな色みのドアや窓枠はそのまま使用。幅木や廻り縁の色も合わせることで、白を基調とした明るい空間をダークブラウンのラインが引き締め、洗練された雰囲気を演出している。家の顔である玄関の床はこだわりの大理石。フラットだった床に上がり框を造作し、大理石の廊下が事務所と階段へ続く。シンプルかつ

    ラグジュアリーな玄関が、家全体に高級感を与えている。また、LDの床材は、ペットの犬が滑らないよう、基本はカーペットを採用したが、ほこりがたまりやすい周囲には大理石を取り入れた。2人の娘さんと一緒に料理ができるよう、LDにつなげて広く設けたキッチンには、「来客時には隠せるように」と引き戸を設置。

    1階の事務所から2階のLDまで、思い描いていたホテルのような空間づくりが実現した。

     

    interview

    間渕建設

    間渕建設

    わがままな要望もしっかりかたちにしてくれました!

    「なかなか間取りの変更に応じてくれる会社がないなか、要望をしっかりかたちにしたプランを提案してくれたため、依頼を決めました。急な変更にもすぐに対応してくださり、想像以上のできに大満足です」(施主のSさん)

    間渕建設

    在来工法の注文住宅で豊富な実績を誇り、高い施工技術に基づいたリーズナブルなサービスを実現。コミュニケーションを重視し、顧客と同じ目線に立ったプランを提供してくれる。

     

    間渕建設     間渕建設

    Name間渕建設
    TEL03-3714-2121
    Open10:00〜18:00
    Close 無休(営業部は水曜定休)
    Home Pagewww.mabuken.jp
    Address 東京都目黒区鷹番3-6-1 第一ストアービル2F
    Area 東京23区、神奈川(横浜市、川崎市)
    施工割合マンション50%/戸建50%
    予算規模500万〜2000万円
    Notes reform&renovation.comでの紹介ページ

     

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    コメントを残す